一人で外食ができない人の心理とその対処法 - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

一人で外食ができない人の心理とその対処法

心理

「友達と一緒だと平気なのに、一人だと緊張して外食できない」
こう思ったことはありませんか?

一人での外食が苦手と思っている人は必ず何か理由があります。
一人で外食できない自分を克服したいなら、まずはその心理を分析していきましょう。

今回は、一人で外食できない人の心理とその対処法を詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

一人で外食できない人の心理

fantasy-4065924_640それでは早速、どのような理由で一人での外食に苦手意識を持ってしまっているのか、その心理から見ていきましょう。

周囲から「この人、寂しい人なんだ」と思われたくない

一人で外食できない人は、心理的に周囲の目線を気にしている場合が多いです。

「このお店に一人で来るの、おかしいかな?」とか、「店員さんに案内されるときに『いらっしゃいませ。おひとり様ですか?』と言われると注目を集めるようで恥ずかしい」

周りのお客さんと少し目が合っただけでこのように感じてしまう人は、一人での外食は気が休まらないでしょう。

食事が出てくるまで何をすれば良いか分からない

一人で外食できないは、「食事が出てくるまで何もできない」ことが心理的な負担になっている場合もあります。

確かに、二人なら食事が来るまで会話を楽しむことができますが、一人だと何をして良いか分からなくなりますよね?

「一人だと食事が出てくるまでの時間がより長く感じる」という方は、待っている間の工夫次第で気にならなくなります。

勇気が持てない

「外食」とひと言でいっても、その種類は多岐に渡ります。

シンプルなオーダーで注文が通るなら良いですが、カレー屋専門店などでは細かく辛さを決めなければならないことも。

こういった複雑さも、一人で外食できない人から見ると心理的に勇気が持てず、足が遠のいてしまいます。

一人で外食をしていると寂しくなる

一般的な心理として、

「大勢での外食=友人に恵まれている」
「一人での外食=友人がいない」

と考えてしまいがち。

これを自分に当てはめてしまうと「私って友達いないんだな…」と寂しくなってしまうことも。

SNSなどで大勢の友人に囲まれている人たちの写真などを多く見かける人は、特に人と比べて「一人=寂しい。こんな思いはしたくない」と心理的に感じているのかもしれません。

スポンサードリンク

一人で外食できない人の対処法

ここからは、一人で外食できない人の対処法を具体的に解説していきます。

周りの目が気になる人は「フードコート」

2534172_s

ショッピングモールのフードコートは、開放的ですし多くのお客さんが立ち寄るスポットなので、一人でも気になりにくいです。

一人で外食できない人でも、周りの目を気にせずに過ごすことができるでしょう。

何をすれば良いか分からない人はスマホや本を活用する

kazukihiro0803DSCF5715_TP_V4

料理が出てくるまですることがない人は、スマホで調べ物をしたり本を読んで時間を潰しましょう。

テーブルが広いなら、パソコンやタブレット端末を持参するのも良いですね。

何かしらすることがあれば、外食も苦になりません♪

勇気が持てない人は、心理的に負担がないところからスタート!

664781_s

外食する勇気がない人は、おひとり様が多い駅前のお店などに行くのがおすすめです。

コーヒーのチェーン店などは一人で行く人も多いので比較的行きやすいです。

外食中に寂しくなる人は、カウンター席があるお店へ

PAK65_torinosubottlenarabu20130825_TP_V4

人と話せなくて寂しい人は、カウンター席がある喫茶店やレストランに行くと、店員さんとコミュニケーションを取りながら食事が楽しめます。

もしかしたらカウンターに座っている常連さんと仲良くなれるかもしれません♪

この機会に、行きつけのお店を探してみるのもおすすめです。

まとめ

一人で外食できない人の心理は様々ですが、一人での外食は、自分のペースで食べられますし、好きな料理を注文できるというメリットもあります。

一人での外食も楽しむために、ご紹介した内容をぜひ役立ててくださいね。

スポンサードリンク

コメント