新入社員がブランドのスーツを着たら生意気と思われる?好感度UPの着こなし方 | わくわく情報.com

新入社員がブランドのスーツを着たら生意気と思われる?好感度UPの着こなし方

tie-349439_640 ファッション

社会人デビューしたばかりの新入社員。

ブランドのスーツを着ていたら生意気だと思われる?

その疑問について、また好感度UPのスーツの着こなし方についてなどをまとめてみました。

スポンサードリンク

新入社員がブランドのスーツを着たら生意気と思われる?

suit-1971670_640

新社会人が悩んでしまうことの一つに、どんなスーツを着ていけば良いのか。

そして、ブランドのスーツを着用していいのかという疑問も出てきます。

入社式は一般的にリクルートスーツを着ていく人が多いですが、次の日からは新しいビジネススーツが良いのか、しばらくリクルートスーツのままの方が良いのか迷ってしまう人も中にはいるでしょう。

新入社員に相応しいスーツを入社する前に購入するとしたら、どのようなブランドが良いかインターネットを使って調べることもあります。

でも、最初からブランドスーツを着ていくと、生意気だと言われたり思われたりするかもしれません。

ただ、ブランドや値段、色、柄が生意気だと言うことより、新入社員が自分の身の丈に合ったものを着用しているかどうかということでしょう。

高額のブランドになると生地のクオリティが上がるので、若々しい新入社員の場合は服に着られたような感じがして、似合わないこともあります。

どうしても幼い印象になってしまうんですね。

スーツの印象で大切なのは体に合っていることで、体型に合わないと不自然なシワなどが現れます。

たとえ気に入ったスーツでも、自分の体にフィットしないものは着ないようにしましょう。

最近オフィスカジュアルを推進している会社が増えているので、新入社員として相応しい最低限度の身だしなみを整えておくと無難と言えます。

人に不快感を与えないように常に手入れし清潔感がある着こなしの方が大切です。

男性の場合はスーツの他に口ひげなどのエチケットも問われることが多いでしょう。

ブランドというよりも、新入社員の場合は、サイズがしっかりと合っていて、清潔感がある着こなしである事が重要です。

色々緊張のする社会人デビュー。
まず最初は身の丈に合ったスーツを身に着けた方が、気が張らずに良いと思います。

マナーを踏まえたスーツで、気持ち良く新生活をスタートさせたいものですね。

スポンサードリンク

新入社員が生意気だと思われないスーツの選び方

新入社員が生意気だと思われないスーツとしておすすめなのが濃紺や黒・グレーなどの色のスーツです。

リクルートスーツを着ていてもしばらくは大丈夫ですが、入社すると毎日スーツを着るような生活が始まるような人の場合スーツ1着では困ります。

入社する前にできれば2着以上準備しておくと安心です。
新調したスーツでも入社式に参加しても良いでしょう。

学生時代とは違うので、自分の個性を出したいと思うより、まずは新入社員として周囲に好印象を与えることが大切です。

また、新しいワイシャツやネクタイなども必要になります。

1675628cc0858d1322d65573ff964621_s

新しいスーツを購入するなら早めにショップに行きましょう。

早めに行くと小物などを含めてアイテムが豊富でスタッフが丁寧に対応してくれます。

購入なら2月~3月上旬まで、イージーオーダーを依頼するなら1月くらいにはショップに相談した方が安心です。

しばらくリクルートスーツで過ごす人もワイシャツや靴下を買っておくと安心です。

ワイシャツはやや個性を出しやすいので、ストライプや色のついたものでも気軽に着用することができます。

値段はシャツなどの小物は1万円以内で、スーツは3万円~5万円ぐらいが良いでしょう。

新入社員の好感度がUPするスーツの着こなし方

men-683655_640
新入社員は基本的にスーツが3着あると着回すことができます。

身だしなみをきちんとしているという印象を与えることができ、スーツを長持ちさせることが可能です。

一般的にスーツの寿命は3~5年ですが、3着以上あるとスーツを長持ちさせることができ、営業や接客といった人に会うことが多い仕事の場合は4着以上あると安心です。

スーツの色は濃紺やチャコールグレーなどがおすすめで、濃紺(ネイビー)はビジネスシーンにおいて信頼感のある色で若々しさもあります。

黒に近いものや少し明るい色、白がやや混ざった色もあるので自分に合う色を選択することが可能です。

色が似合っていると顔映りが良くなるので好感度にも繋がります。

チャコールグレーは柔らかさだったり落ち着きが感じられますし、グレーにも色んな色合いや生地があるのでバリエーションが豊富です。

2万円~3万円台で購入することができ、中には2パンツスーツが販売されているので便利です。

スーツの他に靴やネクタイ、ベルト、シャツ、靴下なども必要になってきます。

ベルトや靴などの革モノは色を統一するのが基本です。

靴はやはり黒がおすすめです。
シンプルなデザインで、履きやすく、動きやすいものが良いです。

ネクタイは無地かストライプ、ドット柄の場合はあまり派手でないものが無難です。
薄い色のネクタイを合わせて明るいイメージを演出しましょう。

また、注意したいのが靴下です。
靴下の白は避けましょう。
スーツのパンツの裾から白い靴下が見えると、学生のような印象を与えてしまいます。
靴下の色は案外目立ちますので気を配るようにしましょう。

スーツ、シャツ、ネクタイがバランス良くても、靴などの小物で崩れる恐れもあるのでトータルでおしゃれに着こなしたいものです。

メンズファッション雑誌などを参考にして、清潔感のある着こなしを研究してみるのもいいですね。

まとめ

まだスーツの選び方も着こなし方も慣れていない新入社員。
会社の先輩や上司にスーツで注意されることがあるかも知れません。
できたらそんなことは避けたいですよね。

ブランドであるかどうかよりも、まず自分の身の丈にあった、自分の仕事に相応しいスーツであるかどうかをきちんと見極めることが大切であると言えます。

スポンサードリンク

コメント