ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の原作・主題歌・キャスト・見どころなど

%e9%80%83%e3%81%92%e3%82%8b-2

10月11日(火) 22:00~スタートするTBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」
メインキャストは新垣結衣星野源

新垣結衣は前作主演ドラマ「掟上今日子の備忘録」からちょうど1年。
同じく星野源も医療ヒューマンドラマ「コウノトリ」から1年経ちました。

経済的理由から契約結婚をした夫婦。
金銭的な取引で結ばれた2人が、いつしか信頼にも恋愛にも似た不思議な感情を覚えていく。

その夫婦を新垣結衣と星野源が演じます。

契約結婚をテーマとした新感覚のドラマで、この2人が今後どう絡んで行くのか、注目です。

スポンサードリンク

ドラマ 逃げるは恥だが役に立つ 原作

このドラマは海野つなみの「逃げるは恥だが役に立つ」の原作コミックを実写化。
「夫は雇用主、妻は従業員」
という、契約結婚から始まる新感覚の社会派ラブコメディです。


逃げるは恥だが役に立つ コミック 1-6巻セット (KC KISS)

原作者の海野つなみはドラマ化も決まってない初期の頃から、みくり役は新垣結衣がいいなと考えていて、ドラマ化決定の際にキャストが新垣結衣に決まった時はとても嬉しかったそうです。

ドラマ 逃げるは恥だが役に立つ キャスト

新垣結衣主演ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のキャストをご紹介します。

新垣結衣・・・森山 みくり
25歳。性格は真面目で頑張り屋。人当たりもいいが時おり突拍子もないことを言う。ひょんなことから津崎と「契約結婚」をし、家事全般を請け負う「家政婦」となる。

星野源・・・津崎 平匡
36歳。みくりの父の元部下。性格は超真面目で曲がった事が大嫌い。彼女いない歴35年。

大谷亮平・・・風見 涼太
27歳。津崎の同僚。結婚にメリットを感じられず、付き合っていた彼女と別れた。

石田百合子・・・土屋 百合
52歳。みくりの伯母で化粧品会社に勤めるバリバリのキャリアウーマンだが、生涯独身で生涯男性経験ナシ。

古田新太・・・沼田 頼綱
津崎の同僚でゲイ。料理上手で、性格は穏やか。津崎や風見のよき相談相手でもあり、隙あらばと、津崎を狙っている。

主要キャストは以下の通り。

新垣結衣/星野源
大谷亮平/藤井隆/真野恵里菜/成田凌/山賀琴子
高橋洋/葉山奨之/古畑星夏 細田善彦/高山侑子
古舘寛治
モロ師岡/高橋ひとみ
宇梶剛士/富田靖子
古田新太/石田ゆり子

主演の新垣結衣が「就職先なし、彼氏なし」っていう設定なんが、あんなに可愛くてスタイル抜群な人が就職先が全くないなんてちょっと無理な設定じゃないの?
とか思ってしまいました。
相手役に星野源というのもちょっと意外な感じがしましたが。

石田ゆり子がみくりの伯母で役名のままの百合ちゃん役を演じることや、古田新太さんのゲイが見られるのはとても楽しみです。
また、みくりの母親役は富田靖子が演じますが、最近の富田靖子は病的で壊れた役が多いような気がしていたんですが、今回は夫(みくりの父親)の宇梶剛士と超ラブラブで天真爛漫な役柄だそうです。

なんだか楽しみですね。

スポンサードリンク

ドラマ 逃げるは恥だが役に立つ 主題歌は星野源の「恋」

ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌はドラマに出演している星野源のニューシングル「恋」


恋 (初回限定盤 CD+DVD) [ 星野源 ]

〔リリース情報〕

「恋」
10月5日発売
初回限定盤(CD+DVD、スリーブケース仕様):VIZL-1006
通常盤(CD):VICL-37189

〔収録内容〕
[CD] 1. 恋 ※TBS系 火曜ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」主題歌
2. Drinking Dance ※ハウス「ウコンの力」CMソング
3 .Continues ※スカパー! リオパラリンピック放送テーマソング
4. 雨音(House ver.)

[初回限定盤特典DVD] 「恋ビデオ。」 約63分
・特別番組「ニセ明、石垣島へ行く」
・「METROCK2016」ライブ映像
星野源と友人によるコメンタリー付

[初回限定盤・通常盤 共通] 星野 源 新春Live 2days 「YELLOW PACIFIC」

10月11日よりiTunes Store、レコチョク、moraほか各音楽配信サイトにおいて配信スタートしています。

ドラマ 逃げるは恥だが役に立つ あらすじ

主人公・森山みくり(新垣結衣)は大学院を卒業したものの、就職難で内定ゼロ。
なんとか派遣社員になれたものの突然の派遣切りに遭い無職の身となってしまう。

彼氏もいない、誰からも必要とされない辛さ、自分の居場所の無さを強く感じながら日々を送っていた。

求職中の娘を見かねた父は、家事代行サービスを利用していた元部下・津崎平匡(星野源)が偶然にも代行の会社を替えようとしていたところを頼み込み、週1回家事代行として働き始めることになる。

ところが、定年を機に田舎へ引っ越すという願望を両親が叶えることになり、現状を維持したいみくりは津崎に「就職としての結婚」を持ちかけ、その提案にメリットを感じた津崎は了承し、2人は契約結婚という道を選ぶ。

気難しい性格で、あまり他人に構われることを好まない津崎だったが、みくりとは適度な距離感を保って良好な関係を築いてゆく。

ドラマ 逃げるは恥だが役に立つ みどころ

このドラマは「契約結婚」から始まる、一風変わった社会派ラブコメディです。
ひょんなことから契約結婚を提案し、そこから始まるハラハラドキドキの新婚生活。

偽装とはいえ実際に夫婦での生活を営むうちにどのように当人同士、周囲との関係がどう変わっていくのかが見どころ。

原作には仕事や結婚についての社会的問題などもさりげなく描かれているので、単なるラブ・コメディだけではなく、結婚って一体何だろうと考えさせられる部分もあります。

一方で、世代性別を越えて共感できる現代を生きる人たちに共通のテーマが詰まっています。

恋愛感情を持たないはずが周囲に秘密の関係を続けながら一つ屋根の下で、徐々に互いに意識していくみくりと平匡のちょっともどかしい恋模様。

契約結婚という着眼点に興味をそそられるし、ハラハラトドキドキの展開も笑えて楽しめます。

まとめ

未婚既婚関わらず、どんな世代の方にも楽しめるドラマになるのではないでしょうか。
みくりたちがあれこれ試行錯誤する姿を見て、共感したり笑ったり。。。

この先二人がどうなって行くか興味が尽きないですね。
たくさんの笑いと共感、勇気と元気を届けてくれる、次の展開が待ち遠しくてたまらない楽しいドラマになると思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。