静電気が起こる原因と簡単にできる防止方法  

d810585859be667a2534e0287d2d43a2_s

いきなりバチッと起こる静電気。
寒くなり、空気が乾燥してくると、家の中や外出先でもバチバチ。

そんな静電気にイヤな思いをされた方も多いのではないでしょうか。
ココでは静電気が起こる原因や対策などを簡単に説明しています。

スポンサードリンク

静電気が起こる原因とは

冬に起こりやすい困った現象の代表に、静電気があります。
家や車のドアノブなど、金属に不用意に触って「バチバチ」となってしまった経験をお持ちの方も多いでしょう。
静電気はなぜ起こるのか、その原因は何なのでしょうか。

静電気が起こる理由

電気はすべての物質の中にありますが、日常電気を感じないのはプラスとマイナスの電気が同量で中和状態になっているからです。
そのプラスとマイナスのバランスが崩れると電気の作用が現れます。

人が着ている衣服の素材によってはマイナスの電気を帯びている電子を引き寄せやすいものがあります。
また、冬は雨が少なく気温が低いため、湿度が低くなりがちです。
この時、人と衣服が動いてこすれる際に電子が人から衣服へ移動したままになり、人の表面は逆に電子が少なく全体でプラスの状態になりやすくなります。

一方で、金属は元々電気を通しやすいのですが、自由電子といって金属の内部を動き回ることができる電子が多いです。
人がドアノブなどの金属に触れると、金属中のマイナス自由電子がプラスである人に向かって流れ込むのです。

静電気も電気現象のひとつで、バランスがくずれると「パチッ」とします。
ドアノブに触れるとパチッとするのは、皮膚表面に起きた静電気がノブに触れて流れるために感ずるものです。

湿度が高いといったん発生した静電気も空気中の水蒸気を介して放電されますが、乾燥しがちな冬場は静電気の逃げ場がなくなるため静電気が発生しやすくなります。

静電気が病気の原因に?その理由は

こうした状態を放っておかず気をつけるべき理由として、静電気の電圧が数千~1万ボルトと高いことにあります。

筋肉を緊張させることにより肩コリ、腰痛、疲労、睡眠不足の一因となり、また帯電により空気中のほこりやウィルスを引き寄せやすいです。

体内静電気が溜まったままの状態が長く続くと、体に悪影響を与え、体調不良の原因やガンやアトピー、糖尿病など万病の引き金にもなりかねません。

また、体からビタミンCとカルシウムが約20%も流出し、病気に対する抵抗力も低下しやすくなると言われています。

このように、体内静電気は体のバランスを保っている仕組みが崩れる原因になるため、結果的にさまざまな体の不調を引き起こしてしまうのです。

また、体に静電気が溜まると、家庭の中にあるアレルギーの原因になるダニの死骸やふん、カビ、菌などのホコリを吸い寄せてしまいます。
そのため、特にアトピーやアレルギー体質の人は、静電気によりアレルギー物質が体に吸着してしまい、症状を悪化させる原因になるとも言われています。

スポンサードリンク

静電気は乾燥肌や肌荒れへなどの原因にも

静電気はお肌のトラブルなどの原因にもなります。
人の肌の帯電は、肌の湿り気と大いに関係があります。

湿度が低くなる冬に肌が帯電しやすい原因は、移動してきた電子が逃げるための水分の通り道がほとんどないためと考えられます。
乾燥肌の方はそれだけで帯電しやすい悪条件になっており、また肌荒れを起こしやすい状態であるといえます。

こうしたトラブルを未然に防ぐために、お肌のケアが大事になってきます。
保湿が特に重要で、保湿成分であるセラミドなどが含まれる製品を使用することが勧められています。

より根本的な保湿として、水分と油分の補給をするスキンケアを行うことも効果的と考えられています。
角質細胞間脂質という、肌の細胞である角質細胞の間をつなぐ部分があり、これが正常に働くことで肌内部の水分の蒸発を防ぎます。

また油分としては、スクワランなどを含む製品を表面に塗ると、肌表面を紫外線などから保護して、乾燥肌や肌荒れを防ぐ効果があります。

静電気を防ぐ簡単な方法

日常、起こりやすい静電気を防ぐ簡単な方法があります。

ドアで起こる静電気
ドアに触れる前に、壁などを触って体にたまった電気を一旦逃がしてからドアノブを触ると効果があります。

髪の毛で起こる静電気
髪の毛の静電気の場合はトリートメントやケアを心がけることが大切です。
コンディショナーやトリートメントの油分が髪を覆うことで滑りが良くなり、静電気を防ぐことができます。

洗濯する時に柔軟剤を使う
洗濯する時の仕上げに、柔軟剤を使うようにしましょう。
柔軟剤は繊維の表面にミクロの水の膜を作り、静電気を逃がし摩擦も押さえてくれる効果があります。

土に触れて静電気を抜く習慣をつける
ガーデニングで土に触れる機会をつくったり、裸足で地面を歩いたりすると自然と静電気が抜けていきます。

ミネラルを豊富に含む食事を食べる
玄米、野菜、海藻、魚介、みそ、漬物などミネラルが豊富に含まれている食物を食べましょう。

 

静電気対策には服装の組合せや体質改善が必要

静電気対策に効果の高い方法としていろいろなグッズが発売されています。

 静電気防止グッズ ロフト

たくさんのグッズがありますが、グッズを使わずにもっと簡便な方法で予防することもできます。
静電気は衣類の間に電子の移動があってそれが元に戻らないことが原因なので、服装の組合せで電子が移動しても元に戻るようにすると予防できます。

衣類の素材には、プラスマイナスのなりやすさに違いがあります。
一例としては、プラス:ウール>ナイロン>レーヨン>絹>綿(キャンバス素材など)>麻>ポリエステル>アクリル>塩化ビニル:マイナス
となります。

こすれる2つの素材の間がこの列でお互いに離れているほど、帯電しやすくなります。
2つの素材が比較的近いもの、最もよいのは同じ種類であれば帯電の対策ができます。

また少し時間はかかりますがより根本的に解決する方法として、体質を帯電させにくくする体質改善も重要です。

帯電は湿り気のあるところには起こりにくいことから、こまめに水を補給したりボディクリームを使用するなど、肌のうるおいを保つと静電気対策に大きな効果があります。

まとめ

静電気が起こる理由には様々な原因がありました。
また、静電気が健康に良くないと認識している方は意外と少ないのではないでしょうか?
でも、日常で気をつければそれも改善することもわかりました。

少しでもご参考にしていただけましたら幸いです。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。