セラミックファンヒーターとオイルヒーターの特徴と比較

4f4f7ab43553a30cd6fd7e6c39746500_s

寒くなってくると暖房が恋しくなってきます。
暖房器具もたくさんありますが、ココではセラミックフアンヒーターとオイルヒーター。
この2つの暖房器具の特徴と比較をまとめてみました。

スポンサードリンク

セラミックファンヒーターとオイルヒーターどちらがいいの?

暖房器具の購入を検討する場合には、セラミックファンヒーターやオイルヒーターなどさまざまな暖房器具があります。

どちらが人気かという点においては用途によって違いがあります。

基本的にセラミックファンヒーターは、部屋全体を暖めるのではなくピンポイントで室内の一部を暖めるという点に優れており、オイルヒーターの場合では時間がかかりますが部屋全体をある程度暖めるという点に優れている特徴があります。

電気代に関してもどちらも電気を使用することになるため、使う時間や弱で使用するか強で使用するかで電力にも差がでます。

重要なポイントとしては室内でどのように暖房器具を使用するかという点となります。
スポット的に使用することが多いのか、室温をある程度の温度に保ち寒さをしのぎたいのかなど目的によって暖房器具を選びましょう。

また、部屋の広さなどによっても暖房器具を選ぶ場合には、性能などを重視することも大切です。

いろいろな点を比較して納得のいく暖房器具をみつけましょう。

セラミックファンヒーターの特徴

セラミックファンヒーターの場合には、室内全体を暖めるという目的で作られていないという点は押さえておきましょう。

セラミックファンヒーターのメリットは?

メリットとしては、スポット的な利用において優れているという点です。

室内で自分がいる周囲だけを暖めたいという場合には、セラミックファンヒーターは重宝できる存在です。
自分の暖めたいスポットの近くに設置しておきその周辺を暖めることができるため、生活状況に応じてうまく活用していくといいでしょう。

セラミックファンヒーターのデメリットは?

デメリットとしては、広範囲を暖めることができないという点です。

室内のどこにいてもある程度温かい状態を作りたいという場合には、セラミックファンヒーターは不向きなため、長時間、室内を暖めたい、広い室内で使用する場合などでは部分的な使用では優れていますが、室内で場所を移動してしまうと寒い思いをすることもあります。
使い方次第でそれなりに重宝できるセラミックファンヒーターですが限定的な使用をするなら便利な暖房器具といえるでしょう。

楽天市場・セラミックフィンヒーターのランキングを見てみる>>>

スポンサードリンク

オイルヒータの特徴

オイルヒーターのデメリットは?

オイルヒーターは部屋全体を暖めるという点においては優れています。
そのため室内全体をある程度一定な温度に保ちたい場合や室内のどこにいても寒さを感じずに過ごしたいという場合にオイルヒーターを利用するといいでしょう。
これがオイルヒーターのメリットといえます。

 

オイルヒーターのデメリットは?

ですが、デメリットも存在します。オイルヒーターの場合には、使用し始めてすぐに室温が上がるというわけではなくある程度時間をかけて室内を暖めていくことになります。
そのため、外出し帰宅後オイルヒーターを入れてもすぐには寒さをやわらげることができないという点はデメリットといえるでしょう。

オイルヒーターを使用する場合には、長時間、使用することを前提に常に室温をある程度の状態に保つ目的で使用する場合には、優れた暖房器具といえるでしょう。

一気に室内を暖めることは無理でもある程度時間をかけることにより少しずつ室内の温度を上げてくれるため急激な温度変化とならず、ゆるやかに室内を暖めてくれます。

 
 

楽天市場・オイルヒーターのランキングを見てみる>>>

まとめ

どちらが良いかはご自分のライフスタイルなどを合わせて考えるのが一番。
お値段やデザインなど種類もたくさんあります。
色々探してみて、お気に入りの暖房器具であったかい冬を過ごされて下さい。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。