電力の自由化は必要?メリットとデメリットやプランの選び方

b839b3ffc07da8fa130ff5270581f378_s

2016年4月から「電力の自由化」が始まりました。
今では様々な業界が電力業界に参入しています。
そもそも電力の自由化ってどういうことなのでしょうか。
どうして電気代が安くなったりするのでしょうか。
ココでは電力の自由化について分かりやすく説明していきます。

 

スポンサードリンク

電力の自由化は必要?メリットとデメリットは?

c0aae306029e52d28382044d9ed4be3a_s
電力の自由化は必要なのでしょうか。
私たち消費者にどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

まずはメリットから見ていきましょう。

 

料金メニューとサービスの選択肢が増えてお得になる

電力の自由化とは、電力の「小売」が完全に自由化されるということです。
電力自由化になると今までのように決められた電力会社から電気を購入するのではなく、自由に電力会社を選ぶことができます。
そのため電気を効率よく、安く購入できるようになります。

これまでの電力供給のシステムは基本的に住む地域で固定されていました。
この街に住んでいる方はここの電力会社から電気を買うということが実質的に決まっており、概ね近隣の発電所で生まれた電気を関連する電力会社から購入する仕組みでした。

この仕組みでは消費者は電力会社を選択することが出来ず、電力会社はサービスを充実させても顧客を増やしづらいというデメリットがありました。
そこで電力を自由化することによって、日本全国の電力会社から自由に購入できるようになりました。

これにより、顧客獲得を巡って価格競争やサービス競争が既に激化しており、消費者にとっては自分の家庭に合った電力会社を選択できるというメリットが生まれました。

また、それまで電力を供給していなかった会社の新規参入もどんどん進んでいて、これまでの常識を覆すような料金プランも登場しています。

利用者としては様々な会社や料金プランを見極めて、自分にとってお得な物を選択することが重要となっています。

電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

 

では、次にデメリットとしてはどういうものがあるのでしょうか。

中途解約による解約違約金が生じる

電力会社を選ぶことが出来るようになると、契約期間と途中解約による違約金を設定している企業も出てきています。
特に、携帯電話やインターネットなど他サービスとのセット割に力を入れている企業は、うまく利用すれば全体の料金を下げられるというメリットがある一方で、契約期間が設定されているがために、中途解約がしにくいというデメリットがあります。

プランの選択によっては値段が上がる可能性がある

現在と同じ料金体系で単価がより安いプランに乗り換える場合には、電気代は安くなりますが、全く別の料金タイプを選択した場合、本当に安くなるのかどうかは、実際に使ってみないと分からないのも事実です。
また家族が増えたりなど、生活環境が変わったりすると、契約した料金プランが生活スタイルと合わなくなり、価格が上がってしまう可能性もあります。

電気料金プランを選択する時は、1〜2年先を見越して検討されることをオススメします。

 

電力の自由化 価格と評判

denkyuu_jiyuuka_text

電力の自由化で多くの利用者の関心事となっているのがその価格です。
料金は最も直接的に影響を受ける部分なので注目が集まるのも頷けます。
しかし、実際のところ電力会社間にそれほど大きな料金差が生まれているわけではありません。

どこかの電力会社だけ極端に料金が安ければ、そこに需要が殺到するはずですが、実際にそれほど大幅な割引が行われているケースはほとんどありません。
しかし、それは電力料金のみに着目した場合です。

電力を供給する会社はガスやインターネット、スマートフォンサービスなどを併せて行っていることが多く、それらを組み合わせたプランが非常にお得となっています。

 

ddd17ea3f5ec98bffe6946c08d44010c_s

 

例えば元々からスマートフォンを契約していた会社から、電力を購入する契約を結ぶことでスマートフォン利用料を安く抑えられる仕組みです。

他のサービスとの組み合わせた料金プランは評判が良く、これを機に通信契約やスマートフォン契約を切り替える方も増えています。

スポンサードリンク

電力の自由化 どんなプランを選べばいいの?

電力プランはあまりにも幅が広いので選ぶ際には悩んでしまう方も多いです。
単に料金だけを比較すれば安いところを探すのは簡単ですが、それでは本当の意味でお得とは言えません。

例えばA社とB社でA社が月々1000円安かったとしても、B社ではポイントが800円分ついて携帯料金が500円安くなるということならB社の方がお得となります。
しかし、B社の携帯電話を利用していない場合はA社の方がお得です。
その場合は携帯電話の契約ごとB社へと移行するという方法もあります。

 

denryoku_sentaku

 

他にもマイルが貯まったり、ガソリン代が割引されたりと各社はサービスを充実させています。
もし自動車に乗る機会が多いのであればガソリン代が安くなる料金プランがお得になります。

電力自由化をフルに活かすには適切な情報収集が欠かせません。
また、それぞれのライフスタイルによってどの電力会社がお得かは変わってくるので、料金シミュレーションを行っておくことをお勧めします。

電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

電力比較サイト「エネチェンジ」は、国内最大級の電力比較サイトです。
「エネチェンジ電力診断」では、住んでいる地域と電気のご利用状況を元に
料金シミュレーションが無料でできます。
各家庭に最適な電気料金プランをランキング形式で紹介しています。

 

まとめ

料金が安くなるメリットは利用者にとっては嬉しいことです。
ただ、選択肢を間違えるとデメリットも生じる可能性があるということも頭に入れておきましょう。
目に見えない商品やサービスの場合は特に念入りに情報をチェックすることをオススメします。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。