入学祝い のし袋の書き方とお金の入れ方 どんなのし袋がいいの?

b490f381603e9387b6c1422ab71c07c1_s

入学祝いを現金で贈る場合、どんなのし袋でどんなお金の入れ方がいいのか、考えてしまうことはありませんか?
あまりにも形式にそって贈ってしまうと相手も気を遣いますし、かといってお年玉のように渡すわけにはいきません。
ココではのし袋の正しい書き方と中に入れるお金の入れ方のマナーをご紹介します。

スポンサードリンク

入学祝い のし袋の書き方

入学祝いはお祝い事なのでのし袋の水引は、紅白の蝶結びのものを選びます。
蝶結びは何度でも結ぶことができ、良いことは何回あってもよい、という意味合いからきています。
表書きは「御入学御祝」または「祝御入学」とします

230138

水引の下の部分には氏名を書きますが、贈り主の姓名は結び目の下に表書きよりもやや小さく書きましょう。

夫婦で贈る場合は夫の名前を、友人数人と渡す場合は連名にし、右側を年長者もしくは上位の人の名前を記します。

夫婦連名にする場合も右側に夫の名前を書きます。
宛名を入れる場合は左上に小さめに書き添えます。

表書きは楷書で丁寧に書くのが基本です。
毛筆で書くのが正しいマナーですが、難しい場合は筆ペンでも構いません。
ボールペンや万年筆は失礼にあたります。
中袋においてもボールペンなどで書かないようにしましょう。

中袋表面の書き方ですが、市販のもので裏に金額の記入欄がある場合は、そちらに書きます。
記入欄がない場合は包んだ金額を縦書きで明記します。
算用数字より漢数字で書くのが丁寧です。

入学祝い お金の入れ方

お金の入れ方ですが、まず新札を用意します。
身近にない場合は銀行にて新しいものと交換することができますが、時間がない場合はできるだけ折り目のないものを選びます。

お金の向きとしては、お札の顔が書かれている側が表になるようにします。
つまり、中袋の表側と、お札の表側が同じになるように入れます。
なお、中袋は糊付けをしなくても大丈夫です。

のし袋を閉じる場合は、必ず下折を上折にかぶせる様にしましょう。
逆にしてしまうと弔事の意味をもってしまうので、確認を忘れないようにします。

スポンサードリンク

入学祝い のし袋はどんなものでもいい?

中に包む金額に合わせて選ぶのがポイントです。
金額が少ないのに豪華な袋に入れると、相手に余計な期待をさせてしまいます。

●5万円以上・・・豪華な飾りがついたもの

●1~3万円・・・のし・水引がついたもの

●5千円以下・・・印刷されたもの

かわいいのし袋も多いですが、あらかじめ印刷されているものを選んでも構いません。5千円ぐらいであれば印刷されているものを使用します。

近年ではかわいいイラストが描かれたものが多く出ています。
表書きもあらかじめ「ご入学おめでとう」と書かれているものもあります。

贈る人が甥や姪であればそのようなものを選んでも良いですが、知人や知り合いに贈る場合は一般的なものを選ぶと良いでしょう。

まとめ

知っているのと知らないのとではやはり大きな違いがあります。
つい見逃しがちな事でもほんのちょっとした心遣いで先方にもより喜んでいただけると思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。