キッチン 排水口の気になる臭いを取る 超簡単な方法

25a06738dce26b402a944e097ffc14c7_s

キッチンの排水口の臭いって気になりませんか?
なんとかしたいけど、どうしていいかわからないし、結局そのまま・・という方も多いかもしれません。
ココでは簡単にキッチンの排水口の臭いを取る方法をご紹介しています。

スポンサードリンク

キッチン 排水口の気になる臭いの原因

キッチンの排水口には食べ物のカスや油汚れなどが蓄積して、臭いやぬめりの原因となったりします。
こうした臭いを取るためには、適切な対策を立てる必要がありますが、その手順を覚えておけば今後の臭い対策にもなります。

まず、手順の始めとしては、汚れを全て取りきることが大切です。

そのためには、市販されている洗剤などを使って、排水口の入り口付近をきれいに掃除することから始めましょう。
この時、見えている汚れをスポンジなどを使って取り除いていきます。

また、排水口の臭いの元となっているのは排水口の奥のパイプ部分ですが、手が届かない部分のため、専用の洗浄剤を流し込めば汚れやヌメりを取り除くことができます。

キッチンで使用する洗浄方法に適したものとして、重曹があります。
重曹だと化学薬品などが使われていませんので、こうしたものを利用するのもおすすめです。

今回ご紹介するのは、重曹とクエン酸を使った排水口の掃除方法です。

重  曹➡弱アルカリ。洗剤や研磨としての役目と、脱臭の効果がある。
クエン酸➡酸性。水垢をとる役目と、除菌や消臭の効果がある。

別の性質の二つを混ぜると発泡して、この作用が臭いや汚れを取ります。
重曹もクエン酸も安く購入できますので経済的にも環境的にもおすすめです。

45198b117d1b57ffc84c4f39e3da79f5_s
重曹はヌメリや汚れだけではなく、臭い対策にもなりますので、キッチンに常備しておくと便利です。
また、排水口のヌメリを付きにくくする予防効果もありますから、流し込むタイプの洗浄剤と共に、重曹でも予防対策をとると良いですね。

キッチン 排水口の気になる臭いを取るには?

では、実際にどうすれば良いのか、コチラの動画をご参考になさって下さい。
手順としては、排水口の入り口やパイプを洗剤などを使って洗浄した後に、重曹で仕上げをするイメージですが、この仕上げを行うとキッチンのシンクもピカピカになります。

 

 

準備するもの
・重曹・クエン酸・スポンジ・ブラシ・ゴム手袋など

重曹とクエン酸に水を足すと二酸化炭素が発生し、発泡して汚れを浮かせてくれます。

手順
→排水溝の汚れた部分に重曹とクエン酸を適量振りかける
→浮いた汚れに水道水をかけて落としていく
→スポンジやブラシなどでこするとピカピカに!

これだけです^^

汚れがあまり気にならない時は水にクエン酸を足したものをスプレーするだけでも十分です。

また、生ゴミの臭いが気になる時は、重曹を適量ティッシュなどに包んで置いておくだけで、結構臭いは取れてしまいます。

キッチンの下の収納棚も湿気が溜まりがちな場所です。
通気性を良くして湿気を溜めないように普段から気をつけましょう。

排水口は掃除できても、排水管はなかなか掃除できないものです。
そこから臭いが発生してくる場合もあります。
そんな時にも重曹を振りかけて流すだけで排水管を通して流れていきますので、臭いを元から取り除くことができます。

スポンサードリンク

重曹やクエン酸はどこで購入できる?

重曹やクエン酸は、体にも自然にも優しいお掃除グッズとして多くの人に使われています。

でも、どこに売っているのか知らないという人も以外と多いようです。
これらはスーパーやホームセンター、100円ショップなどで購入できます。
スーパーなら洗剤売り場、ケーキ用材料売り場、小麦粉の売り場などに置いてあります。
薬局では「炭酸水素ナトリウム」という名前で販売されています。

毎日使うのなら、ネットでまとめ買いがおすすめです。

 まとめ

つい目を背けたくなる排水口の汚れと臭いは以外と簡単に取れるものです。
でも、汚れが残らないように日頃からきれいにすることを心がけることは大切です。
汚れないようにすることは自然と臭いを防ぐことになります。
同じ要領でお風呂やトイレの消臭・消毒にも応用できるのでぜひやってみましょう。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。