引越しの時に出る不用品 処分の相場ってどれくらい?

0bc3a14fb9629fa93dfaeae39242823c_s

引越しの時に出るたくさんの不用品。
どんな風に処分したらいいか、正直困ってしまいますね。
業者に頼んだ場合の相場もわからないし・・・

引越しの時に出る不用品、その処分の相場ってどれくらいなのでしょうか。

スポンサードリンク

引越しの時に出る不用品 どうしたらいい?

住み慣れている土地でも、事情により引っ越さなければならない場合もあります。

ある程度の年数住み続けていた場合には、自宅にそれなりに思い出の品、また、住んでいるときに必要な道具なども買い揃えてあることも多いでしょう。

また、自分が遊びに出かけたりした時に購入したもの、通販で手に入れたものなども多く室内には溢れていることもあります。

ですが、別の住まいに引っ越す場合には、強引にすべてのものを持っていくことも可能ではあります。

引っ越しの業者に頼む場合には、料金が高くなる可能性もありますが、なんとか全部を運ぼうとすれば、引っ越し先にそれなりの収納スペース、そして、今住んでいる家と同程度の広さなどがあれば、それも可能です。

基本、不用品は自治体の粗大ゴミ回収サービスで引き取ってもらう。
または、自治体で回収できないものは引越し業者に見積りを取ってもらう。
となりますが、大きさによっては以外と高くつく場合もあるので注意が必要です。

引越しの時に出る不用品 処分の相場ってどれくらい?

しかし、引っ越しをするとなると、できれば、全部を持っていくことを考えるよりも不用品は処分するほうがいいでしょう。

全部を運ぶ場合には、料金ももちろんですが、それ以上に手間と時間がかかります。

業者に引っ越しを頼まない場合や友人や知人らに協力してもらって引っ越しをする場合もあるかと思います。
どっちにしても、できれば荷物は少ないほうがスムーズに引っ越しすることができるでしょう。

そのため、不用品はリサイクルショップやまたは、インターネットを利用してオークションなどを使って処分を考えてみてもいいでしょう。
不用品とはいえ、それなりの値段で売れるものもあることも考えられます。

ネットなどでは、相場なども調べることができるため、ある程度売れそうなものの場合には、相場をチェックしてみるといいでしょう。

また、売れそうにないものやかさばるものなどは、ゴミ・粗大ゴミなどとして、きちんと処分しておくことも必要です。

自治体の粗大ゴミ回収サービスで処分する場合もあります。
ただし、テレビ・パソコン・エアコン・冷蔵庫・洗濯機などはリサイクルの対象外なので、自治体が回収することはできません。
また、自動車、ピアノ、耐火金庫、オートバイ、タイヤ、石油、消火器、ガスボンベ類なども回収不能です。

自治体によって回収料金には多少の違いがありますが、おおよその目安として参考にしてみて下さい。

・ソファー2人掛け以上・・・1.800円
・両袖以外の机・・・1,000円
・1辺1.5m未満のテーブル・・・700円
・ガステーブル・・・300円
・コタツ・・・300円
・自転車・・・700円
・ストーブ・・・300円
・高さ135センチ以下の家具・・・300円
・高さ180センチ以下の家具・・・700円

自治体で回収できないものは不用品回収業者に依頼するか、または自治体に処分先を紹介してもらう必要があります。
>>不用品回収の相場~くらしのマーケット<<<

スポンサードリンク

引越しの時に出る不用品 注意するべきこと

引越しをすると決まったなら、あまり長期間、処分などに時間をかけてる暇もないでしょう。
あらかじめ引越しをする時期などが分かっていて、処分もそれに合わせてゆっくりと時間をかけられる場合にはいいのですが、急に引越しが決まることもあります。

そのような場合には、必要なもの、不要なものをしっかりと分けておき、いらないものの中でも粗大ゴミなどに出すもの、ゴミとして処理するもの、そして、リサイクルショップやオークションなどに出せるものなどを分けておき、まとめて効率よく処分することが大切です。

必要なものだけに荷物をまとめておけば、引越しの手間もある程度負担が軽くなり、引越し先でも、物を整理する時間も短時間で済ますことができるでしょう。

引越しにおいては、余計なものなどをあれこれ持っていくよりも、本当に必要なものだけを選びましょう。

余計なものを持っていくと、引っ越し先でもかなり室内がごちゃごちゃしてしまいます。
そのため、心機一転、気分よく新しい生活を始めようというのに、精神的にもストレスを感じたり、あまり気分よく生活を始めることができないこともあります。

引っ越し先で気分よく生活を始めるならば、不要なものを持っていかず、必要なものだけに厳選してすっきりとした室内にすることが大切です。

まとめ

引越しは本当に時間と労力がかかります。
少しでも軽くするのには、やはり日頃からの「断捨離」が必要なのかも知れませんね。
引越ししてからもその場所に慣れるまで大変だと思いますが、頑張りましょう♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。